NFTマーケットプレイスとは?おすすめマーケットプレイス(取引所)をご紹介 

この記事に辿り着いた人は、NFTアートと言われるものが「約75億円」で落札された!そんな話なら聞いたことがあるかもしれませんね。そのNFTアートはどこで手に入るのか?買うにはどうすればいいか?自分でも売りたい!そんな思いを抱かれている方が多いでしょう。

NFTマーケットプレイスとは? そんなみなさんの夢である、NFTアートと呼ばれるものを「売ったり買ったり譲渡したり作ったり」ができる、NFTの市場のことです。

実のところ、オイラもNFTアートを大量に作っています。しかしまだまだ身近にNFTを知らない方が多かったので、オイラの代わりにNFTについて知ってもらうべくNFTマーケットプレイスを紹介する記事を作成しました。
またNFTマーケットプレイスだけでなく、NFTや、NFTマーケットプレイスでできること、沢山あるNFTマーケットプレイスのいくつかを紹介させていただきます。

今回はそんなNFTマーケットプレイスについて、簡単にご紹介!
この記事を読んで、みんなもNFTマーケットプレイスを使いましょう!

NFTとは?

 NFTとは、「非代替性トークン」のこと。トークンとは「しるし」「証拠品」のことで、硬貨の代わりに用いられる代用貨幣のことを指します。暗号資産(仮想通貨)の流行に合わせてトークンという言葉が一般的になりつつありますね。NFTも暗号資産(仮想通貨)と同じく、ブロックチェーン上で発行および取引されます。

ビットコインをはじめとした仮想通貨という言葉をよく聞くようになりましたね。銀行等の第三者を介することなく、ブロックチェーン技術を用いて財産的価値をやり取りすることが可能な仕組みとして話題に上がりました。

そのブロックチェーン技術を用いたものは通貨だけではなく、イラストや音楽、動画などのデジタルデータにも用いることができます。それらを含めて最近では暗号資産と呼ばれるようになり、仮想通貨とは別に、「替えが効かない」という意味で非代替性トークンと呼ばれています。

これまでのデジタルデータは容易にコピーや改竄ができてしまうため、現物の宝石や絵画などのような資産価値があるとはみなされませんでした。 しかしブロックチェーン上のデジタルデータは、参加者が相互に検証することでコピーや改竄をしにくくし、デジタルデータに資産価値を持たせられるようになりました。デジタルデータに唯一無二の価値を持たせることを可能にしたのがNFTなのです。

非代替性トークン(ひだいたいせいトークン)、NFT(英: non-fungible token)とは、ブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上のデータの単位である。その名の通り、各NFTはユニークな(唯一の)デジタルアイテムを表すことができるため、他のトークンで代替することはできない。NFTは、アート、オーディオ、ビデオなどのデジタルファイルを表すことができ、その他の形態のクリエイティブな作品を表すことができる。デジタルファイル自体は無限に複製可能であるが、それを表すNFTは、その基盤となるブロックチェーン上で追跡され、購入者にそれを保有する権利の証明を提供する。イーサリアム、ビットコインキャッシュ、Flowなどの一般的なブロックチェーンは、それぞれ独自のトークン規格を持ち、NFTの仕様を定義している。

NFTは、デジタルアート、ビデオゲームのアイテム、音楽ファイルなどのデジタル創作物を商品化するために使用することができる。ただし、オリジナルファイルのコピーへのアクセスは、トークンの保有者に限定されるものではない。最初のNFTはイーサリアムベースで、2015年頃に登場した。NFTの市場への関心が高まったことで、それまで暗号通貨に投機していた同じ投資家がNFTを大幅に増加して取引するようになり、投機が活発化した。

NFT取引の二酸化炭素排出量を批判する声もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/非代替性トークン

NFTマーケットプレイスとは?

端的にいうと、NFT(非代替性トークン)を「売ったり買ったり譲渡したり作ったり」ができる、NFTの市場のことで、NFTマーケットプレイスと読ばれています。

1点モノであることが証明されたデジタルデータや作品等を出品・販売・購入できます。扱うアイテムはさまざまですが、マーケットプレイスによって取扱品目が違います。NFTアートに特化したマーケットプレイスもあれば、多品目を扱うマーケットプレイスもあります。

TarCoon☆CarToonは『ShortSpot』シリーズなどの動画をNFTアートにして取引できるようにしています。

マーケットプレイスとは?

売ったり買ったり、自由に参加ができる、インターネット上で取引できる市場のことです。

この言葉が出始めた当初は、主にBtoB向けの「企業間電子商取引」として期待されていたが、現在では技術も進歩し利用者が増え、消費者向けの電子商店が集まった結果、いわゆる楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonマーケットプレイスなどの「オンラインモール」や、個人間で商品を売買するヤフオク!などの「オンラインオークション」やmercari(メルカリ)などの「フリマアプリ」などが普及し、マーケットプレイスという言葉で連想されるのはこちらが中心となっている。

マーケットプレイス

モノを買いたい企業(バイヤー)と売りたい企業(サプライヤー)が自由に参加できるインターネット上の取引市場。多対多の企業間(B to B)電子商取引(EC)を実現するもので、「e-マーケットプレイス」とも呼ばれる。現在、さまざまな産業に広がっており、自動車の部品から鉄鋼、建築資材、繊維、加工製品の原料といったあらゆる部材の調達が行なわれている。これまでB to BのECといえば、WebベースのEDI(電子データ交換)システムを利用した一対多の商取引が主流だった。ここでは、中心となる企業が関連/取引会社と連携して、見積りや受注、決済などを行なう。専用線を利用する従来のEDIに比べ、システムの構築や運用のコストが抑えられることがメリットとなる。マーケットプレイスは、こうした企業間取引を不特定多数に広げたものである。バイヤーは調達コストを削減できるだけでなく、新規取引先の開拓を行なえる。また、サプライヤーも営業コストの削減に加え、受注機会の拡大が見込める。アメリカでは、GM、フォード、クライスラーの3大自動車メーカーが相互に部品や資材を取り引きするマーケットプレイス「covisint.com」を共同で運営しており、業界全体を巻き込む巨大電子市場が成立している。日本でも、NTTデータ、清水建設、大林組などが建築資材のマーケットプレイス「construction-ec.com」、三菱商事がポリエステル製品の原料であるポリエステルチップのマーケットプレイス「polyesterchip.com」を立ち上げるなど、徐々に本格化してきている様子。通産省の試算によれば、マーケットプレイスの成長により国内のB to Bの取引規模は、2003年に68兆円にのぼるという。

出典:ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

https://kotobank.jp/word/マーケットプレイス-12096

NFTマーケットプレイスでできること

  • NFTを作成し出品(発行)する
  • 作成したNFT作品を販売する
  • NFT作品を購入する
  • 購入したNFT作品をさらに販売(二次販売)する
  • NFT作品を譲渡する

*一部のマーケットプレイスでは二次販売ができない、あるいは限定されているものもあります。
*承認されたクリエイターのみ出品できるマーケットプレイスもあります。

NFTマーケットプレイスの種類

NFTマーケットプレイスは商品をできる市場です。種類も沢山あります。マーケットプレイスの違いは、もちろん取り扱ってる商品の違いだけではなく扱ってるジャンル、購入の時に使える暗号資産の違いもあります。また日本円が使えるか?販売時の手数料などの違いもあります。

  • OpenSea
  • Rarible
  • SuperRare
  • Nifty Gateway
  • Adam byGMO
  • NFT Studio
  • Coincheck NFT(β版)
  • ユニマ
  • nanakusa
  • HABET
  • LINE NFT

おすすめのNFTマーケットプレイス

最も利用者が多いOpenSeaをお勧めします。理由はウィンプルに3つ。世界でも最大規模のNFTマーケットプレイス、イーサリアム以外にも数多くの暗号資産に対応している、無料でNFTの作成〜販売まで行えるというのが挙げられます。

NFTマーケットプレイスになたんだら、まずはOpenSeaから試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
PayPalで気軽に支援できます。

サブスクリプションサービスでTarCoon☆CarToonをサポートする

TarCoon☆CarToonの活動を毎月、定期支援ができる月額制サービスです。
ブログやイベント、オンライン上での活動を応援したい方はサポートしていただければ幸いです。