MacBook Proのオリジナルレザーカバーの作り方

BlogHeader_5
みなさんこんにちはTarCoon☆CarToonです

大切なMacを綺麗に使いたい!でもMacBookの場合は持ち運びが前提ですので、部屋の中の移動でもしているといつの間にか傷を付けていることがあるとおもいます。

やっぱり、大切なMacを傷つけてしまうのは嫌ですし、いつまでも綺麗な状態にしておきたいものです。

そこでMacにカバーを付けようと、AmazonやAppleStoreを覗くと色んなケースが売られているんですよね。
綺麗な色や素敵なデザインのケースはありますが、MacBookのリンゴのロゴが隠れてしまってたりで、結局『コレだ!』というケースは無かったりするんスよね。

そこで、欲しいものが無ければ作っちゃえばいいじゃない!という事で、レザーを加工してオリジナルのシェルケースを作成しちゃいました。

MacBookProの購入以前。昔々、まだPowerBookG4を使っていた頃のお話。

maccover_1

Mac本体に大きな傷を付けてしまいました。それがあまりにもショックだったので、その傷を隠そうと、Macにカバーをつける事にしました。
アルミ製のMacカバーを購入して、バイクの塗装屋さんに色を塗って貰って、
世界に経った一つのオリジナルのカバーを作ったのです。
7年程前の話。

でで、その作ったカバーがコレなんです。

maccover_2

ちゃんとAppleロゴが見えるように穴が空けられているのがお気に入りだったのですが、塗装の艶がなんとも安っぽい感じがしてたのが少し不満でした。

さて、今回はMacBook Proのカバーを作成したいと思います。

maccover_3

しかし、残念な事に以前に購入したアルミ製のMacカバーは製造中止でもう手に入らなくなっちゃったんですね。
そこで、欲しいものが無ければ作っちゃえばいいじゃない!という事で、安く手に入る、プラスチックのシェルケースを加工してしまおうと考えたのです。
ついでに、以前に作ったカバーが安っぽかったので、カバーにレザーを張って少し高級な感じを出す事にしました。

【材料】
・プラスチックカバー
・オレンジレザー(ヌメ革)
・接着剤

maccover_5
maccover_6

作成するのは林檎型の穴の空いたMacBook Pro用レザー製のカバー。
市販のプラスチックのケースに革を張るのですが、市販のケースには林檎の穴は空いていません。

maccover_7

そこで、まずはこのカバーに林檎型の穴をあけます。

林檎の型を鉛筆と油性マジックで描きます。
この型は、昔に作ったアルミ製のカバーを使って描いていきます。

maccover_8maccover_9maccover_10
線が引けました。

maccover_12
maccover_11

次に、この線にそってピンバイスで穴を空けていきます。
線を残すように内側をひたすらくりぬきます。