2019 無人島ごみひろいin家島 環境問題を一人一人が問うこと。ごみひろいの感想

先日、無人島ごみひろいに参加しました。毎年恒例で半年に一度開催されており、春に友ヶ島、秋に家島に向かいます。
ちょっとした遠足みたいで、気の知れた人や、初めてあうユニークな人たちと集団行動するのはとても楽しい。

無人島ごみひろい

島ごみのほとんどは都会のごみが流れ着いたもので、島から出たごみはほんの僅かでしかありません。これは和歌山県・友ヶ島だけの問題ではなく、無数の島や海岸が友ヶ島と同様、都会のごみで覆われていると考えられます。
私たち島ごみプロジェクト実行委員会は、瀬戸内を中心に様々な島で活動することに挑戦しています。 島での活動を通じて、社会全体のごみについての意識やごみの状況が改善されるのではないかと考え ています。

https://shima-gomihiroi.jp/about.html

ボランティアの価値を見つけた!

さてごみひろいである。これはボランティアです。オイラ自身これまで個人的な考えでは、ボランティアにあまり価値を感じていなかった。
いなかったと過去形なのは、今回一つの解答が出てきて、そして価値を見出せたからですね。ボランティアをするということの意味を実感できたと言う方が適切かもしれません。
そして、その答えは”問い続ける”ということが目的であって、その目的と結果が同時に存在している事に価値があるとわかったという事です。あらゆる問題の根本的な解決に倫理的な解決があると思います。その倫理的解決のために、この問うということがある。問うことでしか人間は問題を意識を持てないし、問題を解決する為の前進はできない
それこそが今回のボランティア『無人島ごみひろい』で得た答えでした。
オイラ自身にとって、このごみひろいというボランティアが、なぜゴミ拾いをしているのか?との問いと同時に、そこに答えも居合わせていたことに気づいたのはとても衝撃だった。
今回は、その自分なりの衝撃をまとめたいと思います。

*本当に言いたいことはここまでで全部言えたし、ここから先は読む必要はないのだけれども、興味のある方は読んでください。

なんでボランティアしてんだろう?

オイラが無人島ごみひろいに参加して、今年で6年目になります。
その度に何故ゴミを拾うのか?なぜボランティアでなければいけないのか?ということを問い続けてきました。
というのも、個人的にはゴミ問題、地球環境問題は楽観視していて、技術の進歩が科学的にゴミ問題を解決させると信じて疑わなかったし、多額の金を投じて清掃作業を行えば改善するだろうと思っていたからです。そしてそもそも地球環境問題そのものが利権の為にでっち上げられた国際金融資本による壮大で謀略的なデマではないかとすら疑ってすらいました。
だから何で個人的に苦労してまでゴミを拾うのか?というのがわからなかったし、そもそも人間の労働力をマネーを投じずに労働を課すということに疑問を感じてさえいました。
それだったらチャリティーを通じて集まった金を清掃資金に当てた方が、労働者も潤うとさえ、浅い知識で安易に考えていました。(今思えばそもそも、なんも考えていなかったなぁとさえ思える)

目の前の問題を解決する

しかし、それでもごみひろいに参加してきたのは、まず目の前にあるゴミを拾った瞬間に、その目の前にあるゴミ問題は解決したからなんです。
これは拾った瞬間に感じたことでした。人間が生活していない無人島。そこにはゴミを処理する人がいない。けれども今この拾った瞬間に目の前のゴミは処理できているじゃないか!そしてこれはゴミ問題の解決に至る道のりにおいて、間違いなく前進しているんだという達成感と実感があった。
更にこの様にも感じました。このゴミは海に再び流されず、適切にまとめられ、適切に処理され、再びゴミとして漂う事はなくなる。
きちんと処理することで目の前の問題は解決しているのだ。これは、毎日排出され増え続けるゴミ問題の根本的な解決には至ってはいないけれども、それでも目の前に存在しているゴミについては処理されているという点で解決している。その衝撃と感動はとても大きかった。

楽しいからゴミ拾う

それとは全く別の観点でいうと、楽しさがそこにあったというのも大きい。
ごみひろいのスタッフやあの場に集まる参加者たちの人柄が好きでそこに居たいという気持ちでやってきたというのがあります。自然の中でのんびりと過ごす。
まぁ普通に楽しいんですよ。遠足みたいでレジャーですレジャー。

それでいいのか?問題は解決したのか?

とはいえ、これでは何故ごみひろいをやっているのか