毒薬変じて薬となる「忘れていた気持ちを思い出させてくれるワクチン」~堀江から見たTarCoon☆CarToon ~

みんなのタークゥーンは、TarCoon☆CarToonと関わりがある人、友人知人、親族や支援者にTarCoon☆CarToonに纏わる作品を作ってもらうべく企画されました。イラストや映像、音楽、文章なんでも構わないのでTarCoon☆CarToonを表現していただいております。

今回は、友人の堀江晃一氏にコラムを書いていただきました。堀江氏との繋がりは、ブログセミナーで出会ったのが最初だったかと記憶している。ブログ制作の同期といってもいいでしょう。まとまりのないオイラの記事に比べて、きちんとフリーランスというターゲットを絞り込んで、為になる記事を書いている。そんな堀江氏に是非ともTarCoon☆CarToonを語って欲しいと無理を言ってお願いした。

とても素晴らしい、いいコラムに仕上がったかと思います。まとまりがあって読みやすい。結論まで流れがとてもスムーズで飽きが来ない文章です。

誰かを思って書く贈り物の文章は、お金ねに替えれないとても素晴らしい贈り物になります。
みなさんも書いてみてはいかがでしょうか?

(文/TarCoon☆CarToon)

堀江から見たTarCoon☆CarToon

僕はひじょ〜〜〜に困っている!
タシマさんに出会って8年以上になるが、TarCoon☆CarToonについてほとんど知らない。
そして、この記事が僕にとって初めてのコラム(っぽい?)記事になる。

TarCoon☆CarToonについて知らないので、この記事の依頼があったとき正直なところ断りたかった。というのも、知らないものに責任を持って書けないからだ。しかし、借りがあったので断ることができない状況だった。

*経緯についてはこちらを御参照下さい。

僕は迷った挙げ句、タシマさんにインタビューをしてTarCoon☆CarToonについて聞いてみた。
(*答えているのはTarCoon☆CarToonらしい)

堀江晃一splead(すぷりーど)
堀江晃一

ずばり!そもそもTarCoon☆CarToonって何なんですか?

Tar☆Coon

これはダメなんですよ

堀江晃一splead(すぷりーど)
堀江晃一

??

Tar☆Coon

作家が作品を語ってはいけない。お笑い芸人がお笑い論を語ったらおもしろくないじゃないですか。それと同じなんです。タシマさんがTarCoon☆CarToonを語ったらダメなんですよ

なんとも的を得ない答えが返ってきた。
これでは話が進まない。インタビューの機会を開いた意味がない。困惑しながらもなんとか打開策を見いださねばと思い、次の質問に移ってみた。

堀江晃一splead(すぷりーど)
堀江晃一

なぜTarCoon☆CarToonはできたんですか?

Tar☆Coon

TarCoon☆CarToonは小さなことの積み重ね、自分が設けた設定を徴収してやり続けた結果。自分が課した結果なんですよ

今度は哲学的な答えが返ってきた。ここからお得意の宗教論が展開されるんじゃないだろうかと戦々恐々とした面持ちになる。宗教論を持ち出されると、どう返答していいかと毎回困惑してしまうからだ。

話は続いて…

Tar☆Coon

名前を使い始めたのは2010年。そのときの書き方はtakuunだったんですが、一年後にtarcoonになりました。たーくん(TarCoon)をカートゥーン(CarToon)調でイラストを描きたかったのでTarCoon☆CarToonになりました。今のアイコンは“パンティ&ストッキングwithガーターベルト”みたいに描きたいと思ってこうなったんですよ…

『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』(パンティ アンド ストッキング ウィズ ガーターベルト、Panty & Stocking with Garterbelt)は、2010年10月から12月にかけて放送されたGAINAX製作の日本のテレビアニメ、及びそれを題材とした漫画作品。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パンティ&ストッキングwithガーターベルト

よかった、宗教論ではなく普通にTarCoon☆CarToonの歴史を語ってくれた。
“パンティ&ストッキングwithガーターベルト”については知らなかったが、そんなことはどうでもいい。それよりも、いかにタシマさんもしくはTarCoon☆CarToonから記事にできる文言を引き出せるかだ。

この焦りが伝わらぬよう、ポーカーフェイスでさらなる質問を続けた。

堀江晃一splead(すぷりーど)
堀江晃一

タシマさんにとってTarCoon☆CarToonの存在とは??

Tar☆Coon

TarCoon☆CarToonはタシマさんのフィルターを通した濃縮還元130%なんですよ。ジュースでも濃縮還元100%とかあるでしょ?それです、それと同じなんです。タシマさんがフィルターでタシマさんの外にある存在の影響によってできあがった内面がTarCoon☆CarToonなんです。

これは僕なりの解釈なんだが、人って誰しも本音が心のなかにあって、理性や遠慮の気持ち、羞恥心などがあって建前や相手に合わせた態度を取る生き物だと思っている。TarCoon☆CarToonは少々小難しい言い方をしているが、この答えは誰しもがやっている普通のことではないのか?

しかし、TarCoon☆CarToonの凄いところはここなのかもしれない。
なぜならば、多くの人は「こんなことやってみたい!」「こんなのおもしろいんじゃないか!」と思っていても、無益なことであれば「面倒くさい」「周りの目があるし」と言い訳をしてやらないからだ。

これまでの付き合いを振り返ってみると、パブリックな状況であろうと周りからな